No2 参照回数 4372回 ワンエイティー 180SX(PRS13)  様
作業内容

オールペン

まずはバラシ、塗らないもの、樹脂素材の物、邪魔な物、塗り難い物、などを外します、
この辺はオーナーさんと打ち合わせです。



板金作業、凹みや小傷の修理をします、
せっかく塗るのだから、綺麗にしたいですよね、
この車は結構程度が良く見えましたが、よーく見るとやはり有りました、
少し大きなヘコミとエクボの様な凹みが何箇所か、塗装のワレも発見です、
ヘコミを修理しワレをパテで修正する程度で済みました。



板金が終わり、之から足付けに入るのですが、
その前に、ガラスモールを外ました、
どうしても塗装の際が汚くなるのでモールを外せると、
綺麗に仕上がります、モールは交換になっちゃいますが、
その分綺麗になれば良いですかね。


ついでにもう一つ、
リアフェンダーの爪オリ作業です、
太めのタイヤを履くため、リアフェンダーの爪を当たらない用に、
加工します、専用工具を使って少しずつ押して行く感じですね、
綺麗に出来ました。



次は、通称、裏吹きです、
ドアの内側や、フェンダーの内側など、
色の入り難い所を先に塗っておきます、
そうすると、外装を塗る時に塗りやすく、綺麗に仕上がります、



さーて足付けです、塗装をよく食いつかせるために、
下地に傷を付けて行きます、
此処で手を抜いてしまうと、塗装が剥がれたりします、
しつこい位こすっちゃいましょう。 



足付けが完了した後は、
紙張り作業になります、
塗らない所をマスキングします、
うまく張らないと塗装が入りこんでしまったり、
際が汚くなってしまったりします。
まあこんな感じですかね、
ちょっとピンボケですみません。


やっと塗装開始です、
今回3コートパールに成ります、
まず最初にベース色の塗装です、
写真だと余り良く解らないですかね、
基本的に白です。
これまたピンボケ


ベース色の次は、パール塗装をします、
ブルーパールとシルバーパールを混ぜて、
オリジナルの色を作ってみました。
いったんツヤが無くなりますが、大丈夫。

どーもピントが合わないぞ。


そして仕上げのクリアー塗装です、
一気にツヤが出てきます、
クリアーを3回から4回位重ね塗り致します、
やっとピントが合った。


小物の塗装と樹脂せいパーツの塗装別にやります、
特に樹脂製パーツは塗料が弾力性の有る物を使います、
変形したり、熱で伸びたりした場合塗装面が割れない用に成ります、
この辺の写真を撮り忘れました、
なので、組み付けが終わりいきなり完成です。
イメージがだいぶ変わったと思います。
如何でしょう。